ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

『こどもの未来を創る授業』へ、お供しました

『教えて!ゴーシ先生 こどもの未来を創る授業』に参加しました。

正確に言うと・・・

参加したいという息子のお供をしました。

子どもたちが受講するのを

後ろから大人が見守る授業参観形式。

開始すぐに、フックをかけておくという話。

www.goshisato1973.info

 



「どこでもドアはどうやって作るの?」

「100円均一のお店で買い物すると

 どうして108円払うの?」

「キャッシュレス社会とは?」

子どもたちから寄せられた質問を、

真剣白羽どりのように

真正面から受け止めるゴーシ先生。

受け止めるだけでなくて、

回答の中に子どもたちに向けたフックが

あちらこちらに散りばめられていて

息子の言葉を借りれば

「めっちゃおもしろかった!」


どこでもドアの作り方の質問から

ブラックホールや地球の公転・自転、

アインシュタイン相対性理論

ライト兄弟、デザイン思考、

VR、時空の歪み・・・

先の見えない広がり方に

驚いたりくすくす笑ったりしているうちに

自分がお供であることを

すっかり忘れてしまう充実した1時間半。

いやー、何度でも言いたい。

「めっちゃおもしろかった!」

 

 

講座の最後に子どもたちへ向けて

語られた言葉もとってもよかった。

 

「この世の中に本当の天才なんて

 そうそういないよ。

 でもすごい人たちはいる。

 これからは

 『そんなのムリ』と周りから

 言われても気にせずに、

 このためだったら

 頑張れるということに向かって

 一生懸命勉強したり、

 努力を続けた人が輝く社会だよ。

 そういうすごい人だけが個性を持って、

 天才と言われる人になるんだよ。」

この言葉を聞くための1時間半だったかもと

思えるほどのあたたかい。

 

講師のゴーシ先生、主催の中井さん

ありがとうございました!

 


f:id:kurulikura23:20180105235307j:image

 「ゴーシ先生の未来を創る授業」 - ゴーシ先生のfacebookでは書けない話