ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

「お里が知れますわよ、おほほ。」

娘の食事中の行儀が最近、すごく気になる。幼い頃からずっと声掛けをしていれば成長に伴って身に付くと思っていたけど、部活で疲れていたりしたら楽な姿勢に流れちゃう。口うるさく言うと言ってる自分のほうがストレスになるからできれば言いたくないけど、…

SAGA LOCALIST ACADEMY:冊子が届きました。

本当に始まるのだなと、そわそわしています。

すやすや

一昨日の夜は泊まりにきていた甥のゆうくんと姪のりんちゃんが私の両脇でご就寝。隣りに人が眠っている懐かしさと安心感と心地よさに浸れたのはほんの一瞬でゆうくんの連続キックが飛んでくる。そちらに応戦していたら、反対側に寝ていた りんちゃんが「ふぇ…

陽だまり色

先日、どんな遊びなのか分からないけど兄妹で色の名前を順番に挙げてた。そのときに娘が発した色の名前で聞いたことのないものがいくつか。 井戸水色 陽だまり色検索してみたけどそんな色はなかったよ。だけどいいな。そのふわりとした感性。昨日の景色を12…

2020.8.13

実家の両親が楽しみにしていたお盆。長崎から帰省した妹家族と私たち家族とを連れて熊本へ旅行を計画してくれていたのでした。年が近い孫たちなので受験生がいない年は貴重。それが今年でした。熊本は今、県外移動を自粛を呼びかけられているから熊本旅行は…

崇高な人

実践編でご一緒している友人のお子さんが今春、16才で旅立ちました。悲しくてたまらないけど決してかわいそうではない旅立ちでした。 kurulikura23.hatenablog.com 他の実践編の友人と共にお昼すぎに彼の初盆のお参りへ。 いつも何かに喜びを見つけていた彼…

夏休みのおばあちゃんち

思えばかつては夏休みだからと遠出することってさほどなかったかもしれません。 宿題をしたりご飯を食べたり。そんな「いつもの日常」をおばあちゃんちで過ごすだけでなんだか「特別な日」でした。 祖母(ぺぺ)の家、ぺぺんちで娘と姪が宿題をしている風景は…

文法的に「Go to travel」って

先月の編み物教室の話題。「Go to travel」 キャンペーンの内容がどうこうではなくて、英語の文法的にどうかってこと。jp.blog.voicetube.com この話題をすっかり忘れていたけどさっき息子の英語のノートを見て驚いた。当たり前のようにGo to travelって使っ…

お米を8合

今日のお昼はぺぺんちでお米を8合、炊きました。久しぶりの大容量です。このご時世なのでオープンな声掛けはせずに、同じ学校や同じ生活圏内の子どもたちで朝から夕方までクローズドの『ぺぺんち勉強部』。お米や唐揚げや海苔やおやつやコーヒーなどたくさ…

あーだこーだ あーだこーだ

「いつも文句ばかり言ってごめんね。」と私の誕生日に手紙をくれた娘はあーだこーだと難癖をつけるのが上手。あーだこーだ。あーだこーだ。あーだこーだ。 「それ、お母さんが悪いっけ?」って尋ねることもしばしば。そんな彼女が、14才になりました。おたん…

トリガーポイント

家にいる時間が増えてます。自粛を・・・というよりも、どこになら行ってよくてどこはダメなのかの判別することが面倒になってきちゃったみたい。自分の身体のメンテナンスもだいぶ行っていないなー。だから今、セルフケアをがんばってます。このグッズ、筋膜リ…

今日のいちにち

午後は娘と出かけることにしました。佐賀県内でまだ彼女が行ったことのないところ。そう思って向かったパンやさんがお休みでお隣りの雑貨屋さんへ。今日はムスメ13才最後の日。並んでいたピンクの砂時計を買い求めました。おなかがすいていたから、近くのカ…

おやすみなさい。

友人のお父さまの訃報を夜に知った。面識のないお父さまだけれど、彼女と巡り合わせてくださってありがとうございます。お父さまの娘さんに私はいつも助けられています。 そして、お孫さんたちもとてもとてもすてきな子に育っています。 コロナ禍で思うよう…

ちいさい じの あることば

6才の彼との1時間レッスン。この夏、彼の課題なのが『ちいさい じの あることば』。『ちいさいじのある…』というのはきゃ きゅ きょ しゃ しゅ しょ ちゃ ちゅ ちょのこと。 前回、単語帳にこれだけを挟んで渡していたらたくさん練習をしてきてくれました…

『ブスのマーケティング戦略』

この本はブスの自虐エッセイではない。れっきとした実用書である。「はじめに」がそんな文章ではじまる『ブスのマーケティング戦略』。 自分のことを客観的に計画するのがたぶん私はあまり得意ではなくて、その点においてすごく参考になった。あと、行動力と…

ごくささやかな特別

いつもより短めなうえに遠くに遊びに行けるわけでもない夏休み。高校生息子が今日、ようやく1学期の修了式。この夏、補習がない平日は5日間だけだって。先生方もたいへん。中学生の娘も「夏が来たー!」という盛り上がりに欠ける。遠くには遊びにいけない。…

『ふ』

今朝は私のことを「ふみせんせい」とかわいく呼んでくれる6歳の男の子との1時間。「この『ふ』、上手に書けたから 写真に撮って、ママに見せて!」とお願いされてスマホでぱちり。「ふみせんせいの『ふ』だよ。 きれいに書いてくれてうれしい。」て言った…

提出、できたー♩

ひっそりとやっていた通信教育。4回のレポート提出が予定より早く、しゅうりょーう。(がんばった!) どこにも行けないなら、家でできることを。あとは試験を受けるだけ。 気になっていた講座だけど、最終的に受講を決定したのは「やるなら、やろうよ。 や…

「ふみちゃんは寂しくないと?」

喫茶いとやまに行った先日、いとちゃんから聞かれた。 「そうい(うちの息子)が進学とかで家を出たら ふみちゃんは寂しくないと?」 はて。そんなこと、考えたことなかった。 ちゃんと考えてみたら・・・えっ。寂しい。 私が何か失敗したら間髪入れず「ドンマイ…

『いなくなれ、群青』

私に勧めたい本を息子がいつもの場所にいつの間にか置いてくれている。「いつの間にか」だから知らないうちに本が積まれている。今日、読んだのは『いなくなれ、群青』。 開いてすぐのプロローグを読んだ時点で溢れでる青春の清涼感。うー。もしかしたら私に…

『錦繡』

先日、こちらのブログにも書いた宮本輝さんと吉本ばななさんの対談集を読んだ後、1冊の本を読むことにした。 kurulikura23.hatenablog.com 私にとって最初の宮本輝作品『錦繡』。高校の課題図書であった。 本棚を探したけれど、どうやら処分してしまってい…

育てさせてもらえただけで

友人の言葉がとっても素敵だったから備忘録として。「私はあの子を これまで育てさせてもらえただけで 幸せなんだと思う。」 育てさせてもらえただけ ほんとうにそうね。親だからって、何も偉くない。 子どもたちの伸びゆく先を阻まずにいたい。

2年前の食育講演

昨日はオンラインでしたが実践編の仲間たちといっしょに佐賀で聴講したのは2年前の5月のことだったようです。 kurulikura23.hatenablog.com インプットするときにいくつか心がけていることがあって、そのうちのひとつが「広くたくさん」か「1つをとことん…

食育講演→おなべを注文!

食育講演を受講。オンラインだったから予定と予定の間に受講ができました。何度目かなあ。もしかしたら最多記録かも。 それでも受講しようと決めたのは、食事を作ることが最近、ちょっと難しいから。(このことについては、いつか書きます) 手を抜きたいわ…

いちばん最初にすることは

佐賀市内の小中学校は終業式を昨日終え、今日から夏休みです。この夏、新しいことをさせて頂く機会を得ました。春まで幼稚園生で鉛筆レッスンにきてくれていた小学1年生の男の子を、1学期の学習の定着を目的として夏休み中にお預かりすることに。幼稚園生の…

美しい雫をすくう手

7月のうちに梅雨が明けた。よかった。ちゃんと季節は廻っている。梅雨の時期はある詩を思い出す。作者は星野富弘さん。体育の先生でいらした星野さんはクラブ活動指導中の怪我で手足の自由を失い、口で絵筆を握って作品を描いておられる。少し前までJAFの会…

ありきたりの おかずでも

週に1度、木曜日、クラムボンのCDだけを売っているCDやさん。その名も『喫茶いとやま』。CDやさんだけど『喫茶いとやま』。なかなか足を運べなくて最後に行ったのはいつだっけ?と検索したら、2年ほど前。そんなに経ってたのー! kurulikura23.hatenablog.…

怒涛の夕方

勤務日と子どもの塾が重なる日は忙しい。特に今は塾の開始時刻が早いからよけいに。2人とも、家で勉強するのは好きじゃないけど知らないことを知るのが楽しいから塾に行きたいらしい。18時に仕事から帰宅して19時から娘の塾。昨日も今日もそのパターン。す…

言葉の奥を、よく見ている。

高校生や大学生のころによく読んでいた両氏の対談本。 人生の道しるべ 作者:宮本 輝,吉本 ばなな 発売日: 2015/10/05 メディア: 単行本 吉本ばななさんの本に感化されてボウルにいっぱいの大きなプリンを作ったり、夜中に野菜をすりおろしてカレーを作ったり…

スクランブルエッグは雨の音

「あ、雨の音がする。」と台所に立っていた息子が言う。昨日、学校にお弁当箱を忘れてきたのでいつものルールで彼がお弁当を作る朝。外では蝉が鳴いている。雨は降ってないよ?そう言うと、にやりと笑ってフライパンの中を見る息子。あ、そういうことね。フ…