ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

かぞく

2020.8.13

実家の両親が楽しみにしていたお盆。長崎から帰省した妹家族と私たち家族とを連れて熊本へ旅行を計画してくれていたのでした。年が近い孫たちなので受験生がいない年は貴重。それが今年でした。熊本は今、県外移動を自粛を呼びかけられているから熊本旅行は…

両親のビデオ通話

入院中の祖母とコロナ禍で会えなくなって数ヵ月。今日は病院側のお計らいでLINEのビデオ通話をするという。自分達だけでは不安らしくて私もいっしょにいることに。こちらの声はあちらに届くのにいつも通りに内輪話をする父。いやいや、これ、電話じゃないか…

父の娘でうれしい。

今週のお題「お父さん」 昨日の父の日のこと。夕方に実家の父への贈り物がまだだと気付き母と妹とのグループLINEにメッセージをする。 ぬーーーーー。お父さん!お父さん!おとうさーん。今日は父の日です。 焦っていたので、文脈が迷子。「おとうさーん」っ…

「ありがとう」が上手なオット

うちのオットは「ありがとう」が上手だと思う。つくづく感心するほどに。たとえば、毎月のお給料日には「家のことをしてくれるおかげで今月も働けました。 ありがとう。」と言ってくれる。私が専業主婦のころも仕事を始めても変わらず欠かさずに毎月。それっ…

私史上最高に料理がたのしい!

外出自粛中、「誰かが作ってくれたごはんが食べたいー。」「自分のごはんには飽きたー。」って思っていた訳です。でも、よく考えたらすごくない??? 食事を作るのは私だから私はそう思うけれど、私が作るごはんによって、家族が「家のごはんに飽きたー。」…

「掃きだす」

朝、掃除機をかけてたら子どものころに母から言われていたことが、ふと。「人が家を出たすぐ後に 掃除機をかけちゃいけない。 今は掃除機だけど、昔はホウキだったでしょ? 人をホウキで掃(は)き出すみたいでよくないって言われてたんだよ。 掃除機はしばら…

「なんで俺がせんばと?」

今日は寝室のレースのカーテンを洗う。つもりだったのに洗濯機を回し忘れてあわててスイッチを入れる。洗ってカーテンレールに干すと空気がそのカーテンを通ってひんやりと潤うのが心地いい。この間、リビングのレースを洗ったときのこと。洗濯機がピロリと…

【子どもの気持ち、大人の気持ち。】

100%正解の言葉かけはないけど、「その子のその瞬間」の正解はあると思っています。 親子だって性格は異なるから響く言葉は違うのに、自分が親から掛けられた言葉を発していることが多いかもしれません。 もしくはその瞬間に感じた言葉をそのまま。 でも、…

男のロマンは分からない

バイクのどこを写真を撮ればいいのかちっとも分からない。そもそも私は自分の家の車すら分からない。大型駐車場だと探すのが難しい。見た目だけでは分からないからナンバーを手掛かりに自分の車を探します。もしくはキーで「ピッ」と鳴らして。後ろに乗せて…

「おねがいたのみますね」

ちくちくぬいぬいしているフェルトを白いTシャツにつけて小2の姪っこに送ってあげよう!と、昨夕思い立ちました。モチーフをブローチにしてもいいけど彼女の好みを聞きたくて写真を送ったら、母親のスマホを借りて姪っこからLINEが。どれをTシャツにつけて…

「パパ、ナイトクラブとかに行ってない?」

数日前、佐賀でもクラスターが発生。別々の地域だけど、それぞれが夜のお店でした。そのニュースを観た息子は「大人、むかつく! なんしてくれたと。 俺たち、ずっと家におるとばい。」たしかに、たしかに。学校だけじゃなくて部活も塾もない。首相夫人の桜…

妻の勝ち。(と思いたい)

福岡に緊急事態宣言が出て以来、博多にある支社勤務の夫はリモートワークに。ですが、佐賀に営業所があるので営業所で仕事をさせてもらっています。いつもより出勤時間が遅くなったことで私に余裕ができて夫もお弁当を持って行くようになりました。子どもた…

だいじょうぶ。私が何とかするけん。

心配性な母がコロナのことを考えると息が苦しくなるらしい。もしお米がなくなったら。もし〇〇がなくなったら。心配は尽きない。お米は店頭からなくなっても収穫されて農家さんのところにはあるんだから心配する必要はないよ。なんてことを言っても母の不安…

暴君な『おーじー』

私の祖父はひ孫たちから『おーじー』と呼ばれていました。大きなおじいちゃん=おーじーお彼岸だから今日は午前中におーじーが眠るお寺さんにお参りに。祖父は暴君のようなとこがある人で逸話もいくつかあるのだけれど、亡くなる直前まで話題に事欠かない人…

無邪気に人を殺していくかわいい姪っ子

小1の姪っ子がいる。彼女は祖父母宅(=私の実家)が大好きでどのおうちよりも祖父母宅がすてきだと思ってる。「もしじっち(祖父)ともも(祖母)が死んだら 私があの家に住むね。」という彼女に彼女の母親が「じっち達がいなくなったら、 私たち子どもが管…

誰にとっても『今』しかない。

昨日の「子そだてお茶会」の終わりごろ、参加者の方のスマホが鳴る。お仕事のお電話で、電話先には年配の方が。お電話が終わったあとに「お年寄りは、待てないのよね。 『今』しかない。」とおっしゃったのを聞いて、思い出したことが。先月、ムスコの受験が…

「それはお父さんに失礼やろ」と父に言われる息子

いつだったか思春期ムスコが私のとんちんかんを次から次に指摘するから「そんなこと言いながらも 結婚相手にはお母さんみたいな人を・・・」と私が話し出したら、最後まで言う前に「絶対に選ばん!」とムスコ。「選ぶわけないやん。 だってお母さんは、~~やし、…

ねえねみたいになれるかな。

年始に出かけた先で小さな男の子が3人とパパママのご家族が。1番下の子がぐずっていてパパとママがそちらに気をとられてたらまんなかの子がぐずりはじめました。まんなかの子の頭を撫でて話しかけているうちに彼のぐずりがおさまってパパとママの顔がふわ…

がんばりんしゃいよー

今日は両親、妹家族、私と娘の大人数で糸島に入院しているぺぺのお見舞いへ。そういはいっしょに来ることができなかったから昨日撮った写真をぺぺに見せたら「そういー。 がんばりんしゃいよー。 応援しよっけんねー。」と、涙ぐみながらスマホの画面を撫で…

じっちからの電話

近くに住む実家の父からの電話が鳴る。孫たちから「じっち」と呼ばれている父。「そういとあおいは、おるかね? ちょっと30分ぐらい出られるね?」要件は言わない。でも子どもたちは嬉々として出かける。だって、じっちからのそんな電話は絶対にいいことだも…

だから早く帰ってきてね。

家族みんなで食卓を囲むのは週に1度。それがないときも多いわが家ですが先週も今週も日曜日にオットがいて先週の日曜日はこんな感じ。 kurulikura23.hatenablog.com 今日も夕食のときになんだかおかしいことがあって笑いすぎて床に転がっていたムスメが「あ…

おねえちゃん。

体調がすぐれない妹が受診するために1人で帰佐。彼女の元気がないのは知っていてなんだか気になっていたら母から「お母さんが心配してるから 帰っておいでって電話してくれない?」と。お母さん、自分で言えばいいのにーと思いながらも電話して、今回の彼女…

あー、しあわせー

ムスメが泣いている。笑い転げて泣いている。笑いすぎておなかが痛いと泣いている。お昼の私のおかしなしゃっくりを思い出したら笑いが止まらなくなったらしい。それを見てムスコが笑い出した。おなかが痛くて泣いていたムスメがそれを見てまた笑い出した。1…

夜になっている途中の色

昨夜のめまいの余韻が残って朝から体調不良。とりあえず起きて、お弁当のおかずを作る。今日は高等学院の勤務の日。出勤までには復活しておきたいところ。お弁当を自分たちで詰めて朝ごはんも食べておいてね。そう言い残して寝室に戻る。あぁ、いつもより出…

唐津くんち

何年振りかの宵山。実家の両親と妹家族といっしょに。(ムスコは塾のため、おるすばん)ちょっと早めについたので両親が出会った場所にも行ってきました。辰野金吾氏が設計した旧唐津銀行はのちに佐賀銀行の唐津支店となり、今は『旧唐津銀行 辰野金吾記念館…

うちのオットはウルトラマン

子育てのお話をする機会をいただいたのでいろいろと振り返っています。そして思い出したのが、オットはウルトラの父だったってこと。オットは仕事が忙しい人で子どもが小さいときから家にいることが少なかったので娘は父親に人見知りをしていました。彼女が…

史上最高のオトコ。

オットの体重が増え続けている。そんなオットにいつも「あなた史上最高のオトコだね♩」と私は言い続けているのだけれどムスメはそれに不満らしい。「そんなこと、言わないで! これは幸せ太りっていうんだよ!」と、いつも彼女に怒られる。 でも、オットはそ…

おぬし、かなり私のことが好きだな!

スマホで撮った写真をおばあさんにしたり子どもにしたりするアプリがあって、それで遊ぶ子どもたち。息子を大人の女性に加工したら私にそっくりだったのだとか。アプリ、なかなかやるなあ。私の写真を幼くしたらそれを見たオットが「かわいいなあー。 こんな…

たんじょうび。

ひとつ年を重ねた今日。 心地よく目が覚めてぼやっとしていたら「あけましておめでとう!」と母から電話がありました。 「産んでくださってありがとうございます。」って答えたら「こちらこそありがとう。」と母。 実家の家族は「おめでとう」を言うのが照れ…

よしださんちのおべんと事情

お弁当生活3年目。3月までは息子のお弁当だけでしたが春からは娘のお弁当が加わりました。お弁当に関して母である私が彼らに伝えていることが2つ。・母が作るお弁当に不服がある場合は あなたたちには「自分で作る権利」があります。・お弁当を持って行く…