ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

イベント

SAGA LOCALIST ACADEMY:冊子が届きました。

本当に始まるのだなと、そわそわしています。

『子育てお茶会』再開するよー!

コロナ禍で休止していましたがこじんまりと再開しようと思います。春に実施した「子どもの気持ち・大人の気持ち」のアンケート結果をシェアしながら、子どもへの言葉かけのバリエーションを参加者の方も私も増やす会に…と考えています。 日程の候補日は ・7/…

「食べ物とは命」

長崎に住む大好きな友人からLINEがぴこん。彼女は小5の息子くんといっしょに昨年10月の『いのちの寺子屋』に隣県の長崎から参加してくれました。『いのちの寺子屋』とは、ぺぺんちで行った鶏をさばいて調理していただくというもの。 昨年度が2回目だったの…

『オンライン公民館』でした!

5月から久留米で始まったオンライン公民館。今では日本のあちらこちらに広がりを見せています。 久留米のオンライン公民館は当初は5月のみの予定でしたが好評だったとのことで6月も継続中です。そこにお声かけをいただいて昨日はお話をする側として参加し…

『子そだてお茶会』をします。

2月と3月の金曜日の午前中。『子そだてお茶会』なるものをやってみることにしました。FBで投稿したところ佐賀新聞の記者の方が目にしてお電話で取材いただき、こんな記事になりました。ありがとうございます。新聞って出来事を伝達するだけではなくて誰か…

高校生たちが夢を語る場

『ぺぺんちの冬ごもり』高校生たちが夢を語る場となりました。ご縁のある学校の生徒さんが来島エルちゃんの他にももう1人来てくれていたのですが、その彼女が帰り際に「先生!聞いてください。」と。意を決したような彼女に少し驚いて「どうしたと?」と尋…

いよいよ明日。ぜひお越しくださいね。

私たち家族は祖母のことを「ぺぺ」と呼んでいます。 「ぺぺんち」は「ぺぺのうち」つまり私の祖母の家です。 昨年12月に私はこんなブログを書いていました。 kurulikura23.hatenablog.com 今も入院中のぺぺとこの家を建てた豪快な亡き祖父は人が来るのが何よ…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご案内9・森のアスパラ A-norkaさん

私はアスパラは決めた農家さんのものだけしか買いません。そのうちの1軒がこちら。今回お越しいただく太良の安東さん(A-norka)です。太良町で新規就農なさって、ご主人と奥さまがそれぞれの役割を分担し、佐賀県内にとどまらずご活躍です。AIを積極的に取…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介8・Room design factoryさん

ぺぺんちを私が使い始めたのは昨年7月のこと。何しろ築60年近くの古い家です。危険なことがないように建物の手直しをしていただいたり、縁側にかかっていたカーテンを「絶対にブラインドのほうがいい! ブラインドにするだけで 雰囲気ががらっと変わるから…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介7・来島エルちゃん

勤務校の生徒さん、来島エルちゃん。彼女の投げ銭ライブを11時半からと13時半から行います。それぞれ30分程度の予定です。高校に入るまで讃美歌しか聴いたことがなかったという彼女。そんな彼女が歌う讃美歌は、ただただ涙がこぼれます。どんな言葉を使って…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介6・書家 鬼崎博子さん

『博礼会 ひろこの書』主宰の書家・鬼崎博子さん。ぺぺんちがある赤松校区でPTA活動や町づくりなどに積極的に関わっておられます。先日、私が赤松小学校で行われた『鯱の門まつり』に出店させていただいたのは博子さんからのお声かけがあったからです。お習…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介5・本間農園さん

秋に開催した『いのちの寺子屋』でもとってもお世話になった本間農園さんの鶏舎は脊振のこんなところにあるのです。(お写真は本間農園さんのHPより)空に近くて空気も澄んでいてとても心地のいい場所。 鶏さんたちの幸せを第一に考えてまるでわが子のように…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介4・アトリエサクラさん

今年の冬。私のバッグにはハンドクリームなどを入れた『さをり織り』のポーチが入っています。使うたびに思い出すのは以前SAKURAさんにお伺いした折に穏やかに楽しげに作っておられたこと。楽しい気持ちで、のびのびとそしてもっと自由に創作活動ができるよ…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介3・よつばパンさん

佐賀市鍋島にある『よつばパン』さんに打ち合わせに行ってきました♩ お店の名前がついた『よつばパン』が好き。当日もお持ちいただくことにしました。 他に出店なさるお店のお料理の邪魔にならないようなパンを・・・なんて優しい心くばりをしてくださるパン屋…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介2・LIB coffee IMARIさん

気分転換をしたいときに伊万里のLIB coffeeさんに足を伸ばします。 窓際のソファー席に座って本を読むのが好きです。先日もその席に座っていたらオーナーの 森永さんが「まぶしいでしょ?」と窓のカーテンを閉めてくださいました。 ちょうどその瞬間、私は本…

『ぺぺんちの冬ごもり』出店者ご紹介1・Stool coffeeさん

すてきなマスターとすてきな奥さまがおられる県庁の南側にあるStool coffeさん。 コーヒーも美味しい。カレーも美味しい。そして他のお客さまとコーヒーとカレーを挟んでお話が弾むのもスツールさんの魅力です。 『ぺぺんちの冬ごもり』ではスリランカカレー…

『ぺぺんちの冬ごもり』が近付いてきた♩

ほんとにほんとにほんとにこんなことができてしまうのだなあと開催1週間前にして改めてしみじみ思っています。『ぺぺんちの冬ごもり』12月22日(日)10時~14時出店者に伊万里からLIB coffeeさん城内のstool coffeeさん脊振の本間農園さん太良のA-norkaさん鍋…

明石にきています

お知り合いのお手伝いのために今日から明石にきています。会場の準備を終えた夕方、ひろーいひろーい海をゆっくり見ました。昨日のブログに関してFBでも多くのコメントを寄せていただいたり個人的にもメッセージをいただいたり。大切に大切に読んでいます。…

なっちゃんの「いのちの寺子屋」の後。

「いのちの寺子屋」に参加してくれたなっちゃんという女の子がいます。おうちではヨウムという何十年と長生きをする鳥を飼っています。ご両親がいつかお世話ができなくなっても喜んでお世話をしてくれると言っている彼女。鶏さんたちともすぐに仲良くなって…

ぺぺんちの冬ごもり

あったかいお部屋でぬくぬくしながらおいしいものを食べたりゆっくり音楽を聴いたり。 すてきなお店にもたくさん来ていただいてとってもぜいたくな冬ごもりです。 出逢ってくれて、ありがとう。そしてまた「はじめまして」の新しい出逢いがたくさんたくさん…

鶏の首に刃をあてたこと。

kurulikura23.hatenablog.com この「いのちの寺子屋」の前の数日間、考えすぎるほどいろんなことを考えていました。おもしろがったり、ちゃかしたり。年ごろの子たちにはありえること。だけど絶対にそんな場にはしたくない。一旦そのような空気になったらき…

「いのちの寺子屋」子どもたちの感想

・ぼくはアリやカメムシなどを見た時 すぐにつぶして殺していました。 でもニワトリの解体を見て、 動物は大きさが違うだけで 命はみんな同じものを 持っているということが分かりました。 ぼくはアリやカメムシは血が出ないから 殺してもいいやといった気持…

いてくれて、ありがとう。

2回目の「いのちの寺子屋」が終わりました。長崎、熊本、福岡。佐賀県内も東から西から。「いのちの寺子屋」のおかげで8年振りの久しぶりの再会も叶いました。まずはみんなでルール作りをしたり、本間農園さんがどんなこだわりを持って鶏たちを育てておられ…

「わたしは人を殺せない」

『いのちの寺子屋』のことを息子と娘と話していたときのことです。 「いのちの寺子屋に参加にしたら、 わたしは人を殺せないって思った。 絶対に殺せない。」とぽつり。 人を大切に。命を大切に。そんなことは誰も知ってる。だけど実感として思えるかという…

「子育ちにまよったときに聞きたいお話」

まだまだ子育てを完了していないし自分の子育てに満足もしていない。なのでどぎまぎしていますがお声かけに感謝して、はらをくくります。 イベント詳細は最後に・・・ 子育てに立ち止まっているママたちにどうか届きますように。いろんなことを経てきた私だから…

楽しんでくれる人が必要

今年で10回目の糸島ビアファーム。前日が台風のために畑の準備ができなかったり当日も悪天候の心配があったため今年はこの大型倉庫で行われることに。10年目にして初めての屋内での開催。例年と同じことももちろんありますが、事前準備の段階から違うイベン…