ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

受け入れの準備が着々と。

「お兄ちゃんは好きなことが見つかってるけど
 私はまだはっきり決まってない。
 だからいろんな経験をしたいから
 ホストファミリーをしたい。」

中学校に入学して間もない娘が
そう言い出したときは本当に驚きました。
ちょうど息子の中体連の時期。
出場するのは子どもとは言え
とかく何かと気ぜわしいし、
中学生活最後の試合だし・・・。
そんなことも頭によぎったけれど
娘の想いは大切にしたいから
喜んで受け入れることにしました。

あと10日ぐらいかな。
ようやく現実味を帯びてきました。
娘同士もメールのやりとりを始めて
私もあちらのママとFBでつながって
メッセージのやりとりをしています。

公文で英語の教材を扱っていたから
英語に触れる機会はあったはずだけど、
実際にやりとりをするとなると
使いたい言葉が浮かばずに検索。
検索するたびに「なるほどー!」がたくさん。

まだ受け入れていないけれど
すでに受け入れを決めてよかったと思い始めています。