ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

【ホームステイ奮闘記・2】初めて伝わったのは・・・

18時過ぎに空港に着く彼女を迎えに佐賀空港へ。

今回、娘が通う中学校では
10名の中学生を受け入れます。
ということは、受け入れ家庭も10家庭。
その中で1年生はうちだけなので
空港で待っている間の彼女は
先輩たちの中で、とっても心細そう。

頑張って作っていたウェルカムボードも
なかなか開く勇気が出なくて、もぞもぞ。
「こんな機会を持つことで
 勇気を振り絞る経験を重ねていくんだなあ。」
と、離れた場所で見ながら思いました。


待ちに待ったCaydenは娘よりちょっと背が高くて
はにかんだ笑顔がとてもかわいい女の子。


f:id:kurulikura23:20190703043505j:image

 

もともとはずかしがりやの娘。
そして授業以外で英語に触れていない。

そんな彼女がどうするのかなあと思っていたら
とりあえず笑顔で無言。
うん。そうよね。

私だってそう。
Caydenの顔を見た瞬間、
「ちゃんとこの子の気持ちを
 分かってあげられるかな。」って
ちょっと不安になったもの。

お互いに緊張しながら
とりあえずの顔ハメパネル。
穴から顔を出した瞬間、
Caydenが思わずふふふっと笑う。
あ!よかった。
顔ハメパネル、ありがとーう。


f:id:kurulikura23:20190703052010j:image

空港からの車の中で
「これって何て言うの?」と私に聞いて
頑張って英語で話すことに挑戦していた彼女だけど
ドキドキしているから
声が小さいし、途切れ途切れだし
うまく発音できないしで
なかなかCaydenに伝わらない。
そのことで、さらにドキドキ。

なんだけど・・・・
Caydenがバスケットをしている話題になったときに
「あおい、バスケットを体育でしたときに
 顔にボールがぶつかったんだよね。」
とつぶやいたと思ったら、
Caydenのほうを見て大きな声で
「My face ボール ぽーんっ!」と言いながら
ボールが顔に当たったジェスチャー

それが見事にCaydenに伝わったー!
娘自身の発信で
初めて意思疎通ができて、
距離が少し縮まりました。

寝る前には
「あおい、ジェスチャーの天才かも!」
と言うほどに。

1日目、無事に終了。
長旅で疲れているCaydenが
ぐっすり眠れるといいな。

 

kurulikura23.hatenablog.com