ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

『子どもの気持ち・大人の気持ち』アンケート結果・1


kurulikura23.hatenablog.com

 


こちらのアンケートに322名もの方にご協力いただきました。

f:id:kurulikura23:20200521184005j:plain




中高校生たちがLINEやInstagramなどで
多くのシェアをしてくれていたそうです。
その中には
「親を変えよう!」という言葉もあったと聞いています。


では少しずつ見ていきます。


問1

f:id:kurulikura23:20200521213312j:plain

f:id:kurulikura23:20200521213344j:plain


これが最も『ある』という回答が多かった問です。

『反省した』という項目は
そもそも私の中にはなかったのですが
高校生たちが提言してくれて取り入れました。
取り入れておいてよかった!




問2

f:id:kurulikura23:20200521213420j:plain

f:id:kurulikura23:20200521213506j:plain


四分の一はいわれたことがないそうです。

わが子によると私は
「勉強しなさい。」は言わないけど
「やるかやらないか決めて。
 やるならやりなさい。
 やらないと決めたなら
 そのことは忘れなさい。」と言っているみたい。




問3

f:id:kurulikura23:20200521213645j:plain

f:id:kurulikura23:20200521213658j:plain
『悲しかった』という項目を
問3の回答の選択に付けたし損ねていて。
それがとても悔やまれます。

だけれど『とても嫌だった』が
「とても」が多い結果となりました。

 

問4

f:id:kurulikura23:20200521213817j:plain

f:id:kurulikura23:20200521213829j:plain

私の周囲では私を含めて
こう言われたことがある人が多かったので、
世の中の大多数が言われていると思っていました。
でも私の予想ほどではなくて。
ちゃんと聞いてみないと分からないものです。

しかもみんな嫌かと思いきや、
33%の人は『何ともなかった』だなんて。

うん。
やっぱり聞いてみないと分からない。

 



問5

f:id:kurulikura23:20200521213859j:plain

f:id:kurulikura23:20200521213911j:plain

実はこれ、私が娘を傷つけてしまった言葉です。
英語で自分のことにを書く宿題があったのですが、
授業中に終わった人は宿題なし。
娘はまったくできずに持ち帰ってきました。

「なんでできてる人もいるのに
 こんなにできんやったと?」
心の声がぽろりと言葉になってしまって
「そんなこと言わんでいいやん!
 できるなら私だってやりたかった!」
と娘に言わせてしまったことへの
反省の意を込めて設定した設問です。

『すごく嫌だった』『とても悲しかった』が
全体の半分を占めました。
ですよね。
他の子と比べたら嫌よね。
私だって嫌。

それなのに、ほんとうにごめんなさい。


問6~問10までは次のブログで。

 

kurulikura23.hatenablog.com