ねえねえ、あのね

『ぺぺんち』の孫娘の日々

『子どもの気持ち・大人の気持ち』アンケート結果・2

 

kurulikura23.hatenablog.com

 


こちらのブログの続きです。

問6

f:id:kurulikura23:20200521215136j:plain

f:id:kurulikura23:20200521215145j:plain


「好きにしなさい」という文字だけを見ると
相手を思って言っているのか
感情的に言っているのか分からないので、
『投げやりに言われたことはありますか?』
という設問にしました。

『何ともなかった』という答えが
36%と割と多かったのですが、
何ともなかったと答えた子に
どうして何ともないのかを尋ねたところ
「はいはーいって感じ。」と言っていました。

つまり、さらりと流してるみたい。




問7

f:id:kurulikura23:20200521215329j:plain

f:id:kurulikura23:20200521215344j:plain
「嫌い」と言われて傷ついたり
嫌な気持ちになる子のほうが
もちろん多いのですが、
『何ともなかった』が32%。

「大人側の感情的な言葉って
 子どもには響かないんだな。」
とちょっとほっとしたりもしたけれど、
小学生で言われるのと
高校生や大学生で言われるのでは
おそらく感じ方は違う。

いずれにしても感情的になるのはよくない。
(って、みんな分かってはいるんですけどね。)

 



問8

f:id:kurulikura23:20200521215617j:plain

f:id:kurulikura23:20200521215629j:plain
『嫌+とても嫌』『反省』『何ともなかった』が
約三分の一ずつとなりました。

『反省した』の割合が最も多かったのがこの設問。
部屋の汚さは目に見えて自分でも分かるものね。
『何ともなかった』は
慣れっこになっている場合も多いのかも。




問9

f:id:kurulikura23:20200521215756j:plain

f:id:kurulikura23:20200521215804j:plain
『ある』と『ない』がちょうど半数。

子どもを抑えつけようとして。
目上の人に対する礼儀を伝えたくて。
両方の場合があることに
アンケートを開始してから気付きました。

どちらかによって違うよね。
これは私の設問が甘かったかもしれません。




問10

f:id:kurulikura23:20200521215856j:plain

f:id:kurulikura23:20200521215903j:plain



父親よりも母親のほうが
このフレーズを言うことが多いような気がします。

『何ともなかった』が最も多かったのがこの設問で41%。

「ちゃんと」がどういう状態なのかが曖昧だから
さらりと流しがちなのだと思います。

そしてこの設問を見た子たちが
「ちゃんとしなさいってさ、
 親のためやったりせん?」
「ちゃんとしなさいに含まれてることが多すぎる。」
と言っていました。



問11-1では自由記述で
言われて嫌だった言葉をお聞きしました。

 

kurulikura23.hatenablog.com